スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「17年目手記執筆者の集い」開催のお知らせ

先日、当会の世話人をしてくださっている綱哲男さん、その奥さま千代子さんとミーティングをし、「17年目手記執筆者の集い」の詳細が決定いたしました!

「17年目手記執筆者の集い 
 ―仙台・神戸の”市民の記録”―」


〔とき〕
2012年2月11日 14:00~16:30

〔ところ〕
兵庫県民会館・会議室 902
アクセス http://hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm

〔参加費〕
500円(お茶・お菓子代)

〔お呼びするゲスト〕
NPO法人20世紀アーカイブ仙台 佐藤正実(まさみ)さん

〔ゲスト略歴〕
2011年4月、「『3.11』市民が撮った震災記録」というウェブサイトを立ち上げる。そこで、市民の震災に関する写真を募集し、公開を行っている。集められた写真をもっと多くの人々に見てもらい、また、後世に残していきたい。その思いから、ウェブに載せている写真と、撮影者のインタビューを中心に構成した写真集として、書籍化する活動も開始。そして、2012年2月11日に出版することが決定した。

NPO法人20世紀アーカイブ仙台
http://www.d2.dion.ne.jp/~clip/20thcas.html/


 今回は記念すべき出版記念日に仙台から神戸に来て下さいます。写真集出版までの道のりを中心にお話していただきながら、「市民の記録」について、阪神・淡路と東日本の垣根を越えて意見交換する会になればと考えています。
 手記執筆者の集いも、早いもので3回目を迎えようとしています。みなさんのご参加、宜しくお願いいたします。

 前回のブログでもお伝えしましたが、以前に手記執筆者の集いに出席されている方には、来年1月はじめに案内状を送付させていただきます。
 また、以前に記録しつづける会に手記を投稿した方、また、この集いに関心のある方は、記録しつづける会事務局までお問い合わせいただけますよう、宜しくお願いいたします。

記録しつづける会事務局長 高森順子
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。