スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手記執筆者の集い、無事終了いたしました。

2月11日の「17年目手記執筆者の集い」から、早2ヵ月が過ぎようとしています。
ブログをはじめました!と意気込んでいましたが、レポートが遅くなりました。

約3ヵ月遅れですが、「集い」の報告をさせていただきます。

今回は、手記執筆者のみなさまの他に、ゲストの方をお呼びする形を取りました。
はじめての試みでしたが、参加者のみなさんは「まだまだ話し足りない」といった感じで、2時間半があっという間に過ぎていきました。

ゲストとしてお呼びしたNPO法人20世紀アーカイブ仙台の佐藤正実さんは、当日はまだ写真集『3.11 キヲクのキロク』の最終校正の真っ最中でした。
一つひとつ写真を映しながら、市民自身が撮った写真の背景を説明してくださいました。

その日、感じたことを簡単にここに記しておきます。
佐藤さんがおっしゃっていたのは、「その人の生活ぶりが垣間見える写真」が収められたのが、この写真集だということです。
そして、それらの写真を「撮り続けること」「残すこと」、そして、定点観測を未来の誰かのために続けるということでした。

私の伯父であり、当会を立ち上げた高森一徳が言っていたことが、いまようやく、心から理解できたように思います。

震災から17年目を迎え、これからも私たちが出来ることは、「書き続けること」「残すこと」ではないでしょうか。
そして、もうひとつ、東北をはじめとした被災地にいらっしゃる、「記録」という同じ動機を持った方々と、交流していくことで、「記録とは何か」「震災とは何か」という問いを今一度考えることではないでしょうか。

記録しつづける会の「集い」は来年も予定しております。
また来年、みなさまにお会いできることを楽しみにしています。

事務局長 高森順子
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。